気になるコト

平井堅の経歴や職歴・年収が気になる!高学歴イケメンで高額納税者!

ハーフの様な甘いマスクと甘い歌声で長年ファンを魅了する『平井堅』さん。2000年に『大きな古時計』をカバーして、世間を驚かせました。
当時、長身のイケメン歌手が綺麗な高音で童謡を歌う姿はかなりインパクトがありました。歌だけではなく、お話も面白くて自分で曲も作り、独特の世界観の自己プロデュースがとても巧みな方です。
そんな平井堅さんの詳しい経歴や年収が気になり調べてみました。
今回は『平井堅の経歴や職歴・年収が気になる!高学歴イケメンで高額納税者!』をご紹介します。

 

平井堅の経歴や職歴・年収が気になる!

プロフィール

  • 名前:平井 堅(ひらい けん)
  • 生年月日:1972年1月17日
  • 出身地:大阪府東大阪市生まれ 三重県名張市育ち
  • 血液型:A型
  • 身長:183cm
  • 学歴:横浜市立大学卒業

 

経歴・職歴

大阪で生まれて2才から三重県で暮らした平井堅さんは、高校を卒業してすぐに上京。

横浜市立大学の在学中に横浜関内のライブハウスで歌手活動をしていました。就職の経験は無いようですが、家庭教師のアルバイトを10人も掛け持ちしていたそうです。

ライブ活動をしながら、ソニーミュージックエンターテイメントオーディションに自らビデオを送り、入選した事がきっかけで1993年にソニーレコードと契約。

1995年に『Precious Junk』でデビュー。この曲は連続ドラマ『王様のレストラン』のタイアップ曲でしたが、最高オリコン50位でヒットしませんでした。

その後も中々ヒット作に恵まれず、ラジオのパーソナリティーなどをしていました。

ところが、転機は2000年にやってきます。8枚目シングル『楽園』がCMのタイアップ曲として使われ大ヒット!

 

実はこの曲が売れなければ事務所との契約は打ち切りと言われていました。最後の最後で同じ事務所の研音に所属していた江角マキコさんに、平井堅さん自らが頼み込みCMに出演してもらいました。

この辺の積極的なアプローチは関西人らしいですね。

最初は地方だけのオンエアだったCMが、江角マキコさんの出演によって問い合わせが殺到し、全国放送になったそうです。

そして、2002年の16枚目シングル『大きな古時計』、2004年20枚目シングル『瞳を閉じて』の大ヒットでトップスター歌手に躍り出ます。

『瞳を閉じて』は映画『世界の中心で愛を叫ぶ』の主題歌に使われて、オリコン年間チャート1位を獲得。CDは100万枚のミリオンセラーとなりました。この年に初の紅白歌合戦に出場しています。

この曲は他のアーティスト達にも沢山カバーされていて、日本では布施明、杏理、BENI、クリス・ハート、絢香、May Jなど15組ほどが自身のアルバムに挿入。その他、台湾や韓国でもカバーされています。

安室奈美恵さんともコラボしました。

 

ライブ会場も年々大きくなり、通常のライブとは違うコンセプトのライブもやっています。それが1998年から『Ken´s  Bar』と銘打ったアルコールを飲みながらのライブで、今現在まで精力的に続けています。

2002年に発売された武道館らいぶDVD、『Ken Hirai Films Vol.4❝LIVE TOUR 2001 gaining through losing❞』はオリコン3位、その後もシングル、アルバム、ネット配信と積極的に活動して来ました。

同じ年に発売したシングル・アルバムの両方が年間1位になったのは平井堅さんを含めて5組だけです。

  • 光GENJI
  • DREAMS COME TRUE
  • 宇多田ヒカル
  • 平井堅

年間ランキングでシングル・アルバム共に1位になったアーティストは7組だけです。

  • 光GENJI
  • DREAMS COME TRUE
  • 宇多田ヒカル
  • 平井堅
  • Mr.Children
  • GLAY

 

『ノンフィクション』動画

 

平井堅は高学歴イケメンで高額納税者!

高学歴イケメン

まるでハーフの様な彫りの深い顔立ちで身長183cmの平井堅さんは、歌番組に出演していてもひと際目立っていますね。

衣装も自信の魅力を最大限に引き出すセンスの良さで、過去にはベストドレッサー賞も受賞しています。

横浜市立大学は偏差値55の学校です。本当は憧れのサザンオールスターズに倣って青山学院大学に行きたかったそうですが、母親が願書を出し忘れて横浜市立大学に行きました。

大学在学中には家庭教師のバイトをしたり、青山学院大学に行けなかったから横浜市立大学に行くというのは、そもそも勉強が出来なければ無理な、レベルの高い話です。

イケメンで高身長、高学歴な平井堅さんはやっぱりカッコいいですね!

 

本当に高額納税者だった!

2005年の高額納税者リストに載っていて、約6500万円の納税をしています。『瞳を閉じて』のヒットの翌年なので、単純にその時の作詞・作曲による印税だと思われます。

しかしその後の活躍を見ると、シングル・アルバム・DVD・Blue Ray・ライブ・アーティストへの楽曲提供など様々な事をしています。

男性ソロ歌手としては、福山雅治さんが7億円と言われていて最高額です。

それを考えると、2005年当時は1億円を少し上回る額だったでしょうが、現在は5億円あってもおかしくない活躍ぶりだと思います。

あわせて読みたい
佐藤二朗の経歴や職歴と年収・収入を調査!リクルートを1日で退職?佐藤二朗さんは今やテレビでも映画でも欠かせない、個性派俳優の名バイプレーヤーです。数々の作品で独特な存在感を放ってますね。 私が最...

 

まとめ

  1. 高学歴でイケメンは本当
  2. デビューシングルは全然売れなかった
  3. 背水の陣で出した『楽園』でやっとヒット
  4. ゴリゴリの関西人
  5. 30代で高額納税者

今人気がある歌手の苦労話はよく聞きますが、平井堅さんも売れるまでには時間が掛かっています。

でも、売れ続けることが難しい世界で独自の世界観で歌っている姿は本当に素敵です。しかも稼いでる男性は素直にカッコいい!!!

私自身もぜひ『Ken´s  Bar』に参戦して、お酒を飲みながら平井堅さんの歌に浸ってみたと思いました。

今回は『平井堅の経歴や職歴・年収が気になる!高学歴イケメンで高額納税者!』をご紹介しました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

ABOUT ME
アバター
COCO
~40代後半でアフィリエイトに挑戦!気になった事をジャンルを問わず記事にしていきます。人物系を中心にあれもこれも紹介(´∀`=)~