気になるコト

明石家さんまの年収や収入・CMのギャラは?経歴と学歴も気になる!

『お笑い怪獣』として長年お笑い界に君臨する、明石家さんまさんについて調べてみました。

40年以上も第一線で働き続けて、今もなおレギュラー番組を多数持つスーパースターです!

人気が衰えるどころか、数年前には「60歳になったらテレビから引退して舞台をやる」という自身の引退話も撤回し、よりパワーアップしているように見えます。

時に非難されることがあっても、いつでも前向きでポジティブな考え方で数々の荒波を乗り越えて来られました。

そんな『生きる伝説・明石家さんま』さんについて、皆さんが一番知りたいであろう年収・収入面を中心に考察していきたいと思います。

今回は『明石家さんまの年収や収入・CMのギャラは?経歴と学歴も気になる!』をご紹介します。

明石家さんまの年収や収入・CMのギャラは?

年収・収入

明石家さんまさんが所属する吉本興業の幹部が「芸人のギャラは1万円~10億円までいる」と言っていたようですが、誰がどう見てもさんまさんは事務所でもトップの収入でしょう!

40年以上の活躍で『国民的アイドル』ならぬ『国民的お笑い芸人』の明石家さんまさん。

どこに行っても顔を知られている為「日本中みんな親戚状態。変装もしない(笑)」と『秘密のアラシちゃん』の出演時に嵐のメンバーに話していました。

NHKが1975年~2003年(終了)まで毎年実施していた『好きなタレント調査』では、12回も男性タレント1位に輝いています!

1999年には『日本で最も露出が多いテレビスター』と評価されて、『ギネスブック世界記録認定』されています。

【移動は新幹線のさんまさん】

 

レギュラー本数は、毎週やっている物で4本です(2019年7月現在)。

  • 踊る!さんま御殿!!
  • ホンマでっか!?TV
  • さんまのお笑い向上委員会
  • 痛快!明石家電視台

あとは特番も毎年たくさん出演していますね。不定期でほぼ毎年ある特番が、年間約12~15本あります。

その他、大阪毎日放送でやっているラジオは、売れない頃に使ってもらった恩義で1本3万円で引き受けていると言うから律儀な方です。

そこで、問題はさんまさんの大きな収入源の1本当たりの出演料になりますが、芸能界でもトップの300万円と言われています。特番は1本1,000万円だとか。

この数字を元に計算すると・・・。

300万円×1カ月(20回として)=約6,000万円

6,000万円×1年(12回)=7億2,000万円

スペシャル番組が年間約15本として、1億5,000万円。

その他、イレギュラーな番組・CM・ラジオ・雑誌・イベント・俳優業などを入れると・・・。

明石家さんまさんの年収・収入は、推定9億8,000万円~10億2,000万円位ではないかと予想します!

あわせて読みたい
松本人志の年収や収入・CMのギャラは?経歴と学歴も気になる!吉本興業が大躍進出来た立役者の一人、ダウンタウンの松本人志さんの年収や収入について調べてみました。 宮迫博之さんと田村亮さんの謝罪...

CMのギャラ

 

CMのギャラ単価は、芸能人にとってはとても大切な物差しです。

このギャラも芸能界でトップクラスの様で、1本1億円と言われています。

現在は『創味シャンタン』のCMに出演していますよね?

本数は少なくても単価が高いので、中堅クラスの芸人の3倍~4倍を軽く稼いでしまいます!

因みに、ビートたけしさんも1本1億円、松本人志さんは4,000万円~4,500万円だそうです。

明石家さんまの経歴と学歴も気になる!

【男女七人夏物語より】

プロフィール

  • 本名:杉本高文(すぎもと たかふみ)
  • 芸名:明石家さんま・笑福亭さんま(旧名)
  • 生年月日:1955年7月1日
  • 出身地:奈良県奈良市
  • 身長:172cm
  • 血液型:B型
  • 学歴:奈良県立奈良商業高等学校(現:奈良県立奈良朱雀高等学校)
  • 所属事務所:吉本興業
  • 個人事務所:オフィス事務所

経歴

元々は、和歌山県の東牟婁郡古座町(ひがしむろぐんこざちょう 現:東牟婁郡串本町)で生まれ、奈良県奈良市で育ちました。

1974年、高校3年生で落語家に憧れて2代目笑福亭松乃助さんに弟子入りします。

【故・笑福亭松乃助さん】

 

卒業してすぐに本格的に内弟子修行を始めて、半年経たない内に初舞台を踏みました。

旧名の『笑福亭さんま』の由来は、もちろん笑福亭松乃助さんから貰ったもので、実家がさんまの水産加工業を営んでいたからだそうです。

そして、まもなく駆け落ち事件を起こします!

当時、交際していた女性と東京で一旗揚げようと修行を放り出して上京しましたが、結果うまく行かず女性は他の男性と結婚してしまいました!

これを機に内弟子に戻ろうと師匠の楽屋を訪ねたら、松乃助さんは何も言わず思い出のラーメン屋に連れて行ってくれたそうです。

【落語家時代】

 

しかし、しばらくして運命の歯車が大きく回り始めます!

当時、吉本興業でマネージャーをしていた佐敷慎次さんに「落語家よりも漫談家やテレビ司会者に向いてる」と見い出されます。

佐敷さんは、松乃助さんに直接頼み込み、さんまさんに落語家を辞めさせてテレビの世界に引き入れました。

1976年、『大阪イレブン』でデビューを果たし、その時から『明石家さんま』と名前を変えました。

その当時は横山やすし・西川きよしさんが既にスターで、番組で一緒になった横山やすしさんに気に入られて、事務所に売り込んでくれたそうです。

1978年、初のレギュラー番組『ふれあい広場決定版』に出演。

同年、人気番組の『ヤングおー!おー!』にもレギュラー出演が決まります。

【ヤングおー!おー!】

 

徐々に頭角を現し、番組の1コーナーを任される様になると、アイドル的な人気物になります。

1981年、長年司会を務めていた桂三枝さんから指名されて、後継者として司会をする事になりました。

1985年、東京国際映画祭でタモリさんと初共演で司会を務めますが、「ふざけてる!」とひんしゅくを買った事もあります。

そして、代表作とも言える『オレたちひょうきん族』が始まります!

 

有名な話ですが、1985年、仕事で伊丹行きの『日本航空123便』に乗る予定が『ひょうきん族』の仕事が早く終わった為に、1便早い全日空に搭乗しました。

そのお陰で、『日本航空123便墜落事故』を避けられました。その経験が基でそれ以降は移動に新幹線を使うようになります。

1988年、女優の大竹しのぶさんと結婚して2児の父親になりました。

2人の間に生まれた娘さんの『いまる』の名前の由縁は、この墜落事故で助かった事に感謝して『生きてるだけで丸儲け』とゆう意味で付けました。

【IMALUさん】

 

この頃は、『男女七人夏物語』等のドラマで大ブレイクしていましたが、その後2006年にお騒がせ女優として有名な石原真理子さんの自叙伝で❝実名❞で関係を暴露されてしまいます。

【男女七人夏物語・

左から片岡鶴太郎/池上季実子/

明石家さんま/大竹しのぶ/奥田英二】

 

1992年、大竹しのぶさんと離婚してからはずっと独身で、最近は「俺は結婚不適合者だ」とテレビでも話していました。

仕事にはとても厳しくて、絶縁状態になったテレビ局もあります。NHK・テレビ朝日・テレビ東京、ラジオではニッポン放送です。

皆さんも不思議に思っていたと思いますが、『紅白歌合戦』の司会を1回も務めた事がないのはこの為です。

テレビ局とは何もないですが、徳光和夫さんと共演NGなので日本テレビの『24時間テレビ』にも出演しませんね。

テレビ朝日は『雨上がり決死隊』がMCを務めていた『アメトーク!!』に1回だけ出演し、今では少しづつ関係が修復して来てるそうです。

NHKやニッポン放送とも雪解けを迎えたようです。

個人事務所を設立したのは、島田紳助さんの助言で節税対策の為に作ったそうで、明石家さんまさんのマネージメントは『オフィス事務所』が取り仕切っています。

こんなパロディで島田紳助さんとレコードを出していました!

 

 

まだまだ逸話は沢山ありますが、これだけの売れっ子芸人の40数年間の経歴は書き切れませんね(笑)

ヘビースモーカーで有名ですが、趣味がゴルフ・スポーツ観戦・パチンコ・競馬・麻雀・テニス・漫画と幅広いさんまさんには、いつまでも若々しく元気にテレビに出ていてもらいたいですね!

学歴

明石家さんまさんが卒業した高校は、現在は奈良県立奈良朱雀高等学校と名前を変えています。

商業高校と工業高校が合併して今の形になったので、授業内容は機械工学や観光ビジネス・情報ビジネスなどの専門性の高い勉強をしています。

偏差値は43~46で、奈良県内で122件中、59位(2019年度版みんなの高校情報参照)です。

高校では珍しく、フェンシング場やボクシングのリングがあるそうです。

あわせて読みたい
加藤浩次の年収や収入・スッキリのギャラは?経歴や学歴も気になる!朝の情報番組『スッキリ!』にMCとして出演している、加藤浩次さんの年収や収入はどの位なんでしょうか? 吉本クリエイティブエージェン...
あわせて読みたい
岡本昭彦(吉本興業社長)の年収や収入は?経歴や学歴も気になる!日本を代表するお笑いエンターテイメントを提供する会社、『吉本興業ホールディングス』の社長・岡本昭彦さんの年収や収入がどの位なのか気になっ...

 

まとめ

【笑っていいとも!最終回

奇跡の1日のメンバー】

 

  1. 年収・収入は推定9億8,000万円~10億2,000万円?
  2. CMのギャラは1本1億円?
  3. 元々落語家で、駆け落ち事件を起こしていた!
  4. 日本航空123便に乗っていたかもしれなかった!
  5. テレビでは笑顔しか見ないが、仕事には厳しい人だった!

明石家さんまさんには、ここには書き切れない歴史がまだ沢山あります。

芸能界のような浮沈が激しい世界で長年トップでい続ける事は奇跡だと思います!

仕事にはストイックでも、駆け落ち事件の後に自分を拾ってくれたのが大阪の毎日放送だからという理由で、今でも3万円という破格でテレビとラジオの仕事を続けている優しい一面があります。

そんな感謝を忘れない謙虚な姿勢と、『日本中、みんな親戚』という気さくさが明石家さんまさんがトップスターであり続ける由縁かもしれません。

すぐには無理でも、いつかNHK『紅白歌合戦』の司会やテレビ東京『カンブリア宮殿』の出演なども観てみたいですね!

テレビ朝日『アメトーーク!』の司会を、宮迫博之さんが帰って来るまでお手伝いするなんてゆうのも期待したい所です。

これからもさんまさんの活躍を楽しみに、テレビライフを満喫したいと思います!

今回は『明石家さんまの年収や収入・CMのギャラは?経歴と学歴も気になる!』をご紹介しました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

あわせて読みたい
【吉本興業まとめ】はコチラ!吉本興業に関する記事をまとめてご紹介! ↓話題のニュースをまとめてチェック!↓ https://dream04090129.bi...
ABOUT ME
アバター
COCO
~40代後半でアフィリエイトに挑戦!気になった事をジャンルを問わず記事にしていきます。人物系を中心にあれもこれも紹介(´∀`=)~