気になるコト

【超簡単】5Gとは?何が凄い?今さら聞けない4Gとの違いまとめ!

【超簡単】5Gとは?何が凄い?今さら聞けない4Gとの違いまとめ!

2020年3月ついに日本でも、3大キャリア(ドコモ・KDDI・ソフトバンク)から5Gのサービスが始まりました。

メディアなどでは「人々の生活を変える可能性がある」などと大々的に報道されていますが、その中身を知らない人はとても多いのではないでしょうか。

「そもそも5GのGの意味すらわからない」という人もかなりいるのでは?

皆さんの生活を変えてしまうかもしれない5Gを知ることは、これからの生活を考える上でとても重要なはずです。

そこで5Gに関することを、Gの意味から4Gとの違いまで簡単に解説しちゃいたいと思います。

今回は『【超簡単】5Gとは?何が凄い?今さら聞けない4Gとの違いまとめ!』をご紹介します。

【超簡単】5Gとは?

【超簡単】5Gとは?何が凄い?今さら聞けない4Gとの違いまとめ!

5Gとは簡単に説明すると、超速く、遅れることなく、大人数とデータのやりとりができるようになることです。

ちなみにGの意味は「Generation」の略称で、5Gは「第5世代移動通信システム」と呼ばれています。

これにより今まで実現が困難だったいろいろなことができるようになりますが、具体的にはどうなのかピンと来ませんよね。

そこでここでは5Gの基本的な特徴を深掘りしたいと思います。

超高速性

【超簡単】5Gとは?何が凄い?今さら聞けない4Gとの違いまとめ!

5Gは現在使われている4Gの10倍のスピードが出ます。

体感速度では100倍高速であると言われ、2時間の映画は3秒でダウンロードが終わるほどのスピードです。

家庭で引かれているフレッツ光でおなじみの光ファイバーよりも高速ですので、有線でのインターネットはなくなるかもしれません。

全てがワイヤスレスの時代が来るかもしれないということですね。

超信頼性・低遅延

【超簡単】5Gとは?何が凄い?今さら聞けない4Gとの違いまとめ!

5Gにより、ラグの少ない安定したインターネットが実現します。

4Gでブログなどを見ようとした際、画面が少し止まって表示された経験があるかと思います。

実は4Gは通信自体は速いのですが、データが走り始めるのに非常に時間がかかります

例えるなら、100m走で「よーいどん」と言われて実際に走り始めるまでに時間がかかっているということです。

この走り始まりが4Gの10分の1になり、どんなに離れていてもリアルタイムでのやりとりが可能になります。

地球の裏側にいる人とも、あたかも隣で世間話をしているように会話ができるということです。

多数同時接続数

【超簡単】5Gとは?何が凄い?今さら聞けない4Gとの違いまとめ!

一つの基地局で接続できる端末が10倍に上がります。

皆さんは、お正月にスマホがつながりにくくなった経験はあるでしょうか。

これはお正月などのイベントで人が集まると一つの基地局に負担がかかり、つながりにくくなるためです。

5Gはこれを防ぐために、一つの基地局の同時接続数を増やすための仕組みが備わっています。

つまり基地局が混雑しがちな新年と同時に「あけましておめでとう」を遅れることなくメールやLINEで送ることも可能になるわけです(笑)

これらが5Gの基本的な機能になりますが、これだけでは何が実現するのかわかりにくいかもしれません。

そこで5Gで何が実現するのかと、それ以外の機能をご紹介いたします。

【超簡単】何が凄い?

【超簡単】5Gとは?何が凄い?今さら聞けない4Gとの違いまとめ!

ここでは5Gによって何が実現するのか具体的にご紹介して、未来の風を感じてもらおうと思います。

自動運転

【超簡単】5Gとは?何が凄い?今さら聞けない4Gとの違いまとめ!

低遅延を生かして他の場所からの遠隔操作を可能にします。

車のような一瞬の判断の差で事故が起こってしまうものに5Gは有効です。

周囲の状況の画像をリアルタイムでやりとりできるため、運転席に人が乗っている必要はなく、遠隔操作で車を運転できます。

またAIを使うことで、一つのコンピュータが複数台の車を運転することも可能です。

運転手不足で悩むタクシー業界や、過疎地域での運転手段確保に期待が高まります。

遠隔医療

【超簡単】5Gとは?何が凄い?今さら聞けない4Gとの違いまとめ!

低遅延と大容量通信で離れた場所からの医療を可能にします。

病院にカメラを置けば、それだけで患者さんとやりとりできますし、ロボットを遠隔操作して手術を行うことが可能になります。

少し怖いかもしれませんが、低遅延の特性のためそれでも全く問題ないのです。

医師不足で悩む、離島や過疎地域に非常に有効な手段になります。

IoTの普及

【超簡単】5Gとは?何が凄い?今さら聞けない4Gとの違いまとめ!

多数同時接続が可能な5Gは、より多くのインターネットデバイスを生み出します。

Iotとは「internet of Things”」の略称で、モノのインターネットと呼ばれます。

現在インターネットと接続している端末は、PC、スマホ、タブレットがほとんどです。

IoTにより電気ポットやまな板など、今までネットにつながらなかったモノが5Gに接続され、集められたデータはAI解析によりマーケティングに利用されます。

他にもリアルタイムでの在庫管理や作物のデータ管理など、今までできなかったこともできるようになるのです。

まな板で何を切ったのか、自動で保存されたら面白いかもしれませんね(笑)

通信量の無制限化

【超簡単】5Gとは?何が凄い?今さら聞けない4Gとの違いまとめ!

大容量通信を生かすことで、通信容量の無制限化が実現可能です。

現在通信量には「〇GB」までのような、容量制限がかかっています。

これは扱うデータに対してネットの回線が細く、扱えきれなくなる可能性があるため制限がかかっているのです。

そのため容量を超えると、速度制限がかかので利用者としては常に容量に気を使うことになってしまいます。

5Gは4Gを超える大容量通信が可能ですので、容量制限をする必要がなくなるかもしれません。

NTTドコモの吉澤和弘社長は次のように発言しています。

NTTドコモの吉澤和弘社長は「(4G時代のように)データ量に応じて料金をいただくのは難しい」と言及。5Gの料金プランはまだ検討段階にあるとしながらも、通信量に制限を設けない定額制とする可能性を示唆した。

出典:ケータイWatch

3G時代に一度実現した定額制ですが、5Gでまた復活する可能性は十分ありますね^^

ローカル5G

【超簡単】5Gとは?何が凄い?今さら聞けない4Gとの違いまとめ!

ローカル5Gとは、企業や自治体が自前の5Gネットワークを構築することをいいます。

イメージ的には、家にあるwifiのようなモノだと考えればわかりやすいかと思います。

4Gより高速、多接続、低遅延を実現する5Gですが、電波の届く距離が非常に短く、サービスが全国に行き渡るには時間がかかると言われています。

しかしサービスの構築は、電波の割り当てを受けた3大キャリア(ドコモ・KDDI・ソフトバンク)しかできません。

そこでwifiのように企業の中だけのような局所的な5Gを3大キャリア以外の企業や自治体でも構築出来るようにしたのがローカル5Gです。

自前のローカル5Gを持つことで、独自の機能や、より強固なセキュリティ、より速い5Gネットワークの広がりが期待できるのです。

この他にもVRやスマートシティ、8K映像の配信なども可能になると考えられており、4Gよりも幅広いサービスが出てくると思われます。

 

【超簡単】今さら聞けない4Gとの違い

【超簡単】5Gとは?何が凄い?今さら聞けない4Gとの違いまとめ!

4Gにはできないことを実現する5Gですが、その違いを簡単にまとめてみました。

4G 5G
通信速度 最大1Gbps 最大20Gbps
遅延速度 10ms 1ms
同時接続数 10万台/平方km 100万台/平方km
電波の届く距離 長い 短い
ローカルエリア構築 ✖︎
自動運転 ✖︎
遠隔医療 問診など一部のみ 手術まで幅広く対応可能
IoT 接続数に制限あり ほぼ無制限
8K映像配信 △(制限あり)

 4Gと比べて通信速度10倍、遅延10分の1、同時接続数10倍と次世代に相応しい性能を持つのが5Gです。

またローカルエリア構築などの4Gにはない独自の機能を持つことで、より幅広いニーズに応えることができます。

それにより4Gよりも多彩なサービスが出てくることが予想され、私たちの生活が大きく変化すると言われている訳です。

どんな未来が待っているのか、今からワクワクしますね^^

あわせて読みたい
【2020年4月】40代におすすめ!簡単スマホ無料ゲームランキング
【2020年4月】40代におすすめ!簡単スマホ無料ゲームランキング「やりたいゲームが見つからない」そんな風に感じている40代の方は多いのではないでしょうか。 それもそのはず、現在スマホのアプリはiph...
あわせて読みたい
【2020年4月】50代がハマる!簡単無料ゲームランキング20選今や、スマートフォンなどのモバイルでいつでも手軽に出来るようになったゲーム。 50代といえば日本のゲームの進化をリアルタイムで見てきた...
あわせて読みたい
【2020年4月】高齢者の為の脳トレ!超簡単無料アプリランキング認知症の予防や、症状の進行を遅らせるため、介護施設などでも幅広く取り入れられている脳トレ。 過去には計算やクイズなどを紙に書いて行うの...

 

まとめ

簡単ではありますが、4Gと5Gの違いをさくっとご説明しました。

5Gは速度と接続数で4Gの10倍、遅延は10分の1の性能アップであることがわかります。

「ネットはインフラ」とよく言われますが、一般道から高速道路に変わったようなものだと思えばわかりやすいかと思います。

その道路の脇には、今までなかった自動運転や遠隔医療など新しいサービスを提供するお店が続々と出てくることになります。

どんなお店が出てくるのか、今からワクワクしながら待ってはいかがでしょうか^^

今回は『【超簡単】5Gとは?何が凄い?今さら聞けない4Gとの違いまとめ!』をご紹介しました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

ABOUT ME
ぶんちょう
ぶんちょう
観光地を自由に移動するリゾートホッパーです! モットーは「適度に適当に」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください