気になるコト

竹内太一(土佐料理司社長)の経歴や学歴は?年収と収入も気になる!

現在、東京に地方でしか食べれなかった郷土料理専門店が続々進出しています。都内で5店舗を展開する土佐料理「袮保希(寝ぼけ)」は高知の代表的な料理を楽しめると大人気です。

このお店を運営しているのは、高知に本店を構える「土佐料理 司」です。 1917年(大正6年)創業の老舗で地元では大変有名なお店です。

『カンブリア宮殿』にも出演された、3代目社長の竹内太一さんに迫ってみました。

今回は「竹内太一(土佐料理司社長)の経歴や学歴は?年収と収入も気になる!」をご紹介します。

竹内太一(土佐料理司社長)の経歴や学歴は?

プロフィール

 

  • 名前:竹内太一
  • 生年月日: 1953年8月18日
  • 出身地:高知県高知市
  • 学歴:明治大学卒業
  • 家族:姉、妹
  • 肩書: (株) 土佐料理 司 代表取締役社長

 

「土佐料理」と命名して全国的ブランドに押し上げたのは竹内社長の父和夫さんでした。高度経済成長期に準じて多店舗展開していきますが、バブルが弾けた後の整理をして「いつ行っても同じ品質」の体制にしたのは竹内太一社長です。

その「強い経営体質」と気になる「収入」について紐解いていきます。

経歴

竹内太一さんは高知県高知市に生まれました。父親の和夫さんは祖父である小松牛次さんに養子に入っています。

小松牛次さんは腕の良い板前で、大正6年に「新京橋ねぼけ」を創業しました。

父和夫さんは現社長の太一さんが生まれた翌年に高知で中華料理店を開業します。

1964年、「土佐料理 司」を高知市はりまや町で開業。その後、17坪の「司」を大阪「阪急三番街」に出店。

その頃の竹内社長はもちろん学生で夏休みには従業員寮に住んで店を手伝っていたそうです。因みに当時の鰹のタタキは200円だったのに、なんと月商1500万円!

この繁盛店の利益で東京の赤坂に土地を買い、自社ビルを建てます。竹内社長がちょうど大学生になる頃です。

大阪万博やNHK大河ドラマ「龍馬がゆく」の放送、そしてなんと言っても「阪急三番街」の立地の良さが店の成長に拍車を掛けたようです。

東京へ家族で引っ越し

1972年、家族で東京に引っ越して自社ビルに「袮保希」を開業。地下1階地上4階で300坪もある店です。でも、1年もの間売上が上がりませんでした。

しかし、ある時テレビが取材に来ます。材料、特に採れたての魚にこだわっていた事が功を奏して一躍有名店に!

その後は新宿・渋谷・銀座・丸の内と次々と出店。凄いのは銀座にも自社ビルを作った事です。

その頃、大学生になった竹内社長は、ヨット部に入り年間200日海で合宿していたそうです。卒業後は外資系コンピューター会社に内定をもらってましたが、父親の会社に入社する事を決意。

1年半修行をしたあと、新宿店の店長を任されて、この後はいくつもの店を担当します。仕入れの見直しもしました。

3代目社長に就任

 

竹内社長が3代目を引き継いだのは1996年、バブルが弾けた頃でした。年商40億に対し借金35億円!手のひらを返した銀行相手に売れる物は何でも売ったそうです。

その中で竹内社長は「土佐料理」にもう一回注力して、仕入れ・輸送・物流を見直します。認知度が上がって所ですかさず高知市の食品団地に食品物流センターを作りました。

その後は「鰹のタタキ」の宅配事業、「ゆずポン酢」を開発して量販店で販売。

現在は海外へ「ゆずポン酢」を進出。展示会などにも積極的に参加。

「店を増やすより、1店舗ずつを大事に」という竹内社長の経営理念を軸に、大変な時期を乗り切って来ました。ネット事業が拡大する中、人材育成にも力を入れています。

地元、高知への貢献も素晴らしく、一般社団法人「海の幸を未来に残す会」の代表理事を務めています。

学歴

竹内社長は明治大学を卒業されています。学部は分かりませんでしたが、知らない人がいない有名校ですね。

専修大学と日本大学に受かっていたのに、ご自身が行きたくなくて1年浪人して明治を受け直したそうです。

10の学部がありますが、偏差値は一番有名な商学部は62.5、その他は52.5 〜 67.5と優秀です。

 

竹内太一の年収や収入も気になる!

 

民間企業における役員報酬(給与)調査:人事院【平成28年度】参照

日本の企業の役員報酬の平均を調べると、従業員数が500人以上~・1000人以上~・3000人以上~と3段階に分かれています。その平均は5351万9千円

土佐料理司は従業員数約300人なので、上記の数字には当てはまりません。ですが、飲食店とゆうのは経営がうまくいっていれば利益率が高い業種です。

そして、上場企業ではないので税理士と相談して自分でお給料を決められます。

諸々考えると、竹内太一さんの年収は推定5000万円ほどと予想します。

『土佐料理 司』の店舗

土佐料理 司(4店舗)

祢保希(ねぼけ)(5店舗)

酔鯨亭(すいげいてい)(1店舗)

SUIGEI(1店舗)

ごはん処 司(1店舗)

あわせて読みたい
竹野浩樹(サミット社長)の経歴や職歴は?年収・収入も気になる!ふ竹野浩樹さんスーパーサミットの竹野浩樹社長がカンブリア宮殿に出演しました。 現在スーパー業界は苦境に立たされています。それは、コ...
あわせて読みたい
村上清貴(村上農園社長)の経歴や職歴が凄い!年収も気になる!2019年5月放送のカンブリア宮殿に村上農園社長の村上清貴さんが出演します。とても凄い方なんですよ! 私達の生活に馴染みのある『ブ...

 

まとめ

  1. 父親は腕のいい祖父に養子に入った
  2. 父親が開業した『土佐料理司』大阪店が大当たり
  3. その利益で東京赤坂・銀座に自社ビル
  4. バブル崩壊!借金35億の後始末を太一さんがする事に
  5. 今は優良企業で地元高地に還元活動

企業はいい時ばかりじゃないと言っても、35億円の借金の整理は大変な苦労をされたでしょうね。

たまたま竹内社長の想いを解ってくれる銀行の頭取がいたらしいです。そして、竹内さんを信じて付いて来てくれる社員さんがいたからこそ、立ち直れたんですね。

地元への恩返しも忘れない素敵な社長です!

今回は「竹内太一(土佐料理司社長)の経歴や学歴は?年収と収入も気になる!」をご紹介しました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

ABOUT ME
アバター
COCO
~40代後半でアフィリエイトに挑戦!気になった事をジャンルを問わず記事にしていきます。人物系を中心にあれもこれも紹介(´∀`=)~