気になるコト

井上尚弥の年収や収入・ファイトマネーは?経歴と学歴も気になる!

2019年11月7日開催のWBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)初参戦で、見事に勝利を飾った井上尚弥選手!

WBSSとは、ボクシング団体の垣根を超えて、階級ごとに戦って一番強いチャンピオンを決める大会です。

世界のボクシング団体は、WBC・WBA・WBO・IBFなど様々な団体があり、各階級にチャンピオンがいるので、WBSSで勝てば名実ともにその階級で世界を制した事になります!

日本では1試合のファイトマネーが1億円でも『凄い!!!』と言われてきましたが、井上選手は試合後に世界的プロモーターのトップランク社と複数年契約を果たしました。

これによって、世界の有名ボクサー選手たちの様な桁違いのファイトマネーや、スポンサー契約による収入が期待されます!

日本の誇りとなった井上尚弥選手の年収やファイトマネー、どのような経歴をたどって来たのかを振り返り、世界的スター選手と比較しながらこれからの年収予想もしていきたいと思います!

今回は『井上尚弥の年収や収入・ファイトマネーは?経歴と学歴も気になる!』をご紹介します。

井上尚弥の年収や収入・ファイトマネーは?

2019年の年収は3億円近かった?!

WBA・IBFの世界バンダム級王者の井上尚弥選手(26歳)と、WBA世界バンダム級王者レジェンドのノニト・ドネア選手(36歳)の、WBSS世紀の試合が開催されました!

右目を負傷しながら3-0の判定勝ちを見事に勝ち取った、井上選手の今までの年収や収入はいかほどだったのでしょうか?

 

まずは日本ボクシング界のあるあるとして、日本人選手がこれだけ世界に注目される事自体が少なかったんです。

ですから、今回のファイトマネー約1億円とゆうのは破格でした!

プロになってからの戦績は19戦負けなしです!

ファイトマネーが公開されている試合が2回あったのでご覧ください。

井上選手が2017年・WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチで、アントニオ・ニエベス選手との6回目の防衛を掛けて戦った試合のファイトマネーは、約2000万円でした。

2018年・WBA世界バンダム級タイトルマッチでジェイミー・マクドネル選手との試合のファイトマネーは約4000万円

事務所のマネジメント料は33%なので、それぞれの試合での井上選手の収入は1400万円と2700万円になります。

これだけ見ると凄い収入の様に感じますが、ボクシング戦は年間3回~5回しか無く、井上尚弥選手だからこその戦績のファイトマネーです。

 

ですので、公開されている2試合のファイトマネーが特別多かったとして考えると、2017年の年収は約7000万円程ではなかったかと推察します。

ファイトマネー3試合で約4000万円+スポンサー1社3000万円=約7000万円

 

2018年の年収は約1億2000万円程ではなかったでしょうか?

ファイトマネー2試合で約6000万円+スポンサー2社6000万円=約1億2000万円

 

 

普通は1回100万円程のファイトマネーで、プロボクシング選手として食べていける人は殆どいません。

でも、井上選手の実績・ルックスの良さ・テレビの露出で価値がどんどん上がり、2019年は倍増して約2億7000万円くらいは稼いでいるのでは・・・と予想します!

ファイトマネー2試合で約1億4000万円+スポンサー2社1億円+テレビなど=約2億7000万円

※マネジメント料や税金は引いていません。

 

しかし世界は広く、史上初の無敗で5階級制覇したフロイド・メイウェザー・ジュニア選手はなんと1試合のファイトマネーが約110億円!!!

そこにスポンサー料やPPV(有料放送)の分配金などを足すと、約330億円だそうです!!!!!

 

メイウェザー選手のSNSは有名で、札束とブランドと車に宝石、そして世界を旅する事が大好きです。

観ているととっても同じ地球の空気を吸っている人とは思えないリッチマンで、凄く楽しいですよ!

夢がありますよね!

井上選手もプライベートジェットに乗って世界中を旅するメイウェザーの様になる日も近いかもしれません(*‘∀‘)

 

井上尚弥の経歴と学歴も気になる!

https://twitter.com/naoyainoue_410/status/1168347291415007232?s=20

(左から尚弥選手・父親の真吾さん・弟の拓真選手)

プロフィール

  • 本名:井上尚弥(いのうえ なおや)
  • 生年月日:1993年4月10日
  • 出身地:神奈川県座間市
  • 階級:バンダム級
  • 血液型:A型
  • 身長:165cm
  • プロボクシング戦績:総試合数19戦19勝(KO勝ち16戦)
  • 所属:大橋ボクシングジム・ホリプロ

 

経歴

父親がボクシングの元アマチュア選手だった井上真吾さんで、真吾さんが経営していた井上ボクシングジムにて小学校1年生からボクシングを始める。

弟の井上拓真さん、従兄の井上浩樹さんもプロボクサーとゆうボクサー一家。

高校1年生でインターハイ・国体・選抜の三冠を達成。

3年生の時には高校生初のアマチュア7冠を達成した。

2012年、プロに転向して『親子で世界王者になる事が一番意味があることだから、他の人ではダメ』と言って、父親は大橋ジムの井上選手専属トレーナーになった。

ロンドンオリンピックは惜しくも出場を逃したが、2014年のWBC世界ライトフライ級戦で王座獲得。プロ転向6戦目での世界王座獲得は史上初だった。

同年、階級を2つ上げてスーパーフライ級で戦い、史上最速の8戦目で2階級制覇を成し遂げた。

2015年、弟の拓真選手と共に芸能プロダクションのホリプロと契約。

同年、12月に高校の同級生だった女性と7年の交際を経て結婚、2017年10月に長男が誕生した。

プロ転向後の戦績

  • 第36代日本ライトフライ級王座(防衛0=返上)
  • 第33代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王座(防衛0=返上)
  • 第33代WBC世界ライトフライ級王座(防衛1=返上)
  • 第17代WBO世界スーパーフライ級王座(防衛7=返上)
  • 第44代WBA世界バンタム級王座(防衛3=昇格)
  • 第22代IBF世界バンタム級王座(防衛1)
  • リングマガジン世界バンタム級王座(防衛1)
  • WBA世界バンタム級スーパー王座(防衛0)
  • WBC世界バンタム級ダイヤモンド王座
  • World Boxing Super Seriesバンタム級優勝

転載元:wikipedia

 

学歴

神奈川県の新磯(あらいそ)高校出身で、大学には進学していません。

現在は相武台高校と統合して、相模原青陵高校と名前が変わっています。

偏差値は45です。

高校時代はボクシング部に所属していましたが、華やかな戦績は上記の経歴の通りです!

 

あわせて読みたい
沢尻エリカの年収や収入・CMのギャラは?経歴と学歴も気になる!女優の沢尻エリカさんは昔から何かとお騒がせでしたが、とうとう合成麻薬の所持で逮捕されてしまいました。 最近は小栗旬さんとの映画「人...
あわせて読みたい
丸山城志郎の家族構成(妻や子供・父親)は?経歴や学歴も気になる!世界柔道選手権で熱い戦いを繰り広げている『丸山城志郎』選手。 父親が元オリンピック選手で、子供の頃から厳しい指導を受けていたのは有...
あわせて読みたい
木村拓哉主演ドラマ歴代一覧まとめ!視聴率ランキングとヒロインも!2019年の木村拓哉さんの主演ドラマ『グランメゾン東京』がTBSの日曜劇場に決まりましたね。 初のシェフ役でKis My Ft2の...
あわせて読みたい
木村拓哉ドラマ歴代主題歌一覧!2019グラメは山下達郎とコラボ!2019年10月クールのTBS日曜劇場は、木村拓哉さんが主演を務める『グランメゾン東京』が放送されます。 数々のドラマの主演を貼り...

おわりに

https://twitter.com/naoyainoue_410/status/1185386431608287232?s=20

若干26歳で世界のボクシング界に躍り出た、井上尚弥選手の凄さが分かって頂けましたか?

不敗でWBSSに出場出来た事だけでも素晴らしいのに、きっちり結果も出してしまいました!

今回の試合は『世代交代』と言われていましたが、試合の勝敗はもちろんの事、最近の井上選手はゴールデンタイムのバラエティー番組にも積極的に出演して、名前と顔を売る事に一生懸命でした。

画像でも分かるように、井上選手はアイドル歌手の中にいても不自然さがなくて、爽やかで柔らかい印象のイケメン選手!

チケット売り上げが去年に比べて倍増したのもうなずけます(笑)

厳しいリングでの戦いが嘘のような笑顔で、新しいファン層を開拓したのでしょう!

個人的には何百億円稼いでも、メイウェザー選手みたいに札束と一緒に写ってるSNSは投稿しないで爽やか路線のままで・・・と願うばかりです(*´з`)

今回は『井上尚弥の年収や収入・ファイトマネーは?経歴と学歴も気になる!』をご紹介しました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

ABOUT ME
アバター
COCO
~40代後半でアフィリエイトに挑戦!気になった事をジャンルを問わず記事にしていきます。人物系を中心にあれもこれも紹介(´∀`=)~